クラウド会計&営業&給与システムを無料で使っています

そろそろ、確定申告の準備が始まりつつあります。よく聞かれるのが、会計システムをどうしているのか?
弥生会計がいいみたいだけど、独立したてではあの金額は・・・・という声もちらほら。たしかに、独立したてであのソフトは高嶺の花ですよね。
私も色々さがして、たどり着いたのは「クラウド円簿」というサービスでした。
使い勝手がいいというよりも、独立したての人には勉強になるソフトなのです。

簿記の簡単な知識があれば大丈夫

私は簿記3級を持っていますので、すんなり導入ができました。簿記の基本である貸借の考え方を持っていればどうということありません。
もし、持っていない人でも優しい簿記の本を一通り読んでおけば大丈夫。

「え?勉強しないといけないの?」と思われますよね。ソフトの為ではなく、自分の為にどんなソフトでも簿記の基礎は勉強しないといけないのですよ。
買掛、売掛という考え方や減価償却という考え方は経営の基本ですから。
つまり、経営の基礎知識があれば問題ないということです。

請求書や発注書のシステムも無料

エクセルで管理は意外と面倒なものです。いちいちファイルを変える必要があります。
また、見積もり書、納品書、請求書、領収書ともなると、ファイルの種類も大変。
うちはこのサービスと、手書きの納品書や複雑な場合にのみエクセルで見積書を出しています。

「この案件、前の案件と同じだ。」と思ったらベースになる案件を複写して使えます。

また、メールで直接送れたり、ラベルの印刷もできるので結構らくちん。

助成金の情報や、帳簿のひな形もダウンロードできます。

クラウド円簿のトップページには、助成金や経営に関する情報が常に掲載されています。
これがバカにならない。

「助成金なんていらない!」と言う人もいると思いますが、創業したての人が受けられる助成制度は、受けるに越したことはありません。
それを見落とさないというのも結構役に立ちます。
また、よく使う伝票類のひな形も用意されているので、考える前にダウンロードしたほうが早い。

不具合等があった場合もメールで対応してもらえるので、オススメです。

確定申告書のベースは印刷できるので、あとは書き写すだけ。
今年から創業する人はぜひ使ってみてください。

ブログ

シェアする

フォローする