最悪のライブ撮影

ライブの撮影を頼まれることが多いのだが、中にはひどいカメラマンがいる。

音痴なのだ。

音痴といっても、歌うわけではない。

ライブにノれていないのだ。

今日みたカメラマンも酷いものだった。リズムがバラバラなシャッターのタイミング。一眼レフではどうしても音がでる。しかし、リズムに合わせておけば、少しマシになる。場合によっては、手拍子で音がかき消される。

映像チェックもさりげなく行って当たり前。演奏中に、こんなの撮れたと、談笑するなんて、もってのほか。素晴らしいライブならば、シャッターチャンスは逃せないものだ。余程自信があるのか、理解していないかどっちかだ。

こんなカメラマン、ボランティアでも勘弁してほしい。チケット代がもったいないと感じてしまう。

ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする